妊娠5ヶ月目での様子や注意は

妊娠5ヶ月目での(16週〜19週)様子がどういった感じかといいますと、赤ちゃんは見た目で2〜3頭身から4頭身くらいで身長・25センチ前後、体重は250g前後となっています。頭の大きさはというと、鶏卵くらいに成長をしているようですね。

心臓の動きも活発になって、二心房、二心室と分かれている心臓そして目・鼻など超音波で確認が取れるようになるでしょう。脂肪の沈着も始まってきて、皮膚は赤いですね。
出産後に、お母さんのおっぱいを吸って、排泄をするといった練習で、羊水の中では羊水を飲んで、排尿を繰り返すといったことを開始するようになるようなのです。お母さんはというと、全体的にふっくらとしてくるようになり、下腹部も突き出てくるでしょう。そしてこの頃からは、普段の洋服もきつくなってくると思いますので、マタニティウェアといったものを着用することを考えてもよいと思います。乳腺が発達してきて乳首を圧迫したりしますと黄色の分泌物が出ることもあるのですが、心配はいらないようです。

また体重が一ヶ月に一キロと増えてきたり、顔にしみやそばかすが目立ってきたり、乳房や陰部が黒ずんできたりするようです。

妊娠5ヶ月前にも胎児は動いてはいたのですが、力が弱いのでたぶん動きが感じられなかったと思いますが、この頃には胎動を感じられるでしょう。つわりもほぼ治まってくる場合が多いのですが、この頃に食欲もでて胎児の栄養にも良いのでは?と食べ過ぎたりすることには注意しましょう。便秘・貧血といったことも考慮をして食事はバランスよく摂るようにしましょう。妊娠5ヶ月目ですと母子共に安全な時期ではあるのですが、油断はしないで特に妊娠中毒症といったことには気をつけるようにして下さい。

妊娠4ヶ月目になってからの様子と注意

妊娠4ヶ月目での様子(12週から15週)がどんな感じでしょうか?赤ちゃんの大きさについては、グレープフルーツ位になってきています、胎盤が完成をしてくることで、栄養・酸素をたくさん吸収するといったことが可能になってきて、成長速度もあがります。脳は特に急速に発達してくるようです。

手足も長くなって、身長16センチくらい、体重120グラムくらいになってきます。男女の区別も外性器の発達で分かってきますし、内蔵もほとんど出来上がり、骨・筋肉も成長をして盛んに羊水の中で動いたりします。

胎動を感じる、といったことはまだ後にはなると思いますが赤ちゃんがお腹を蹴ったりはしてくるでしょう。心臓からも血液が活発に送られ、皮膚に赤みも出てきて厚みもましてきます(肌の色は肌色でなく、赤っぽいですね)。また表面に産毛も生えてくるでしょう。15週目ころには眼球も動かすようになるようです。また妊娠4ヶ月目るとお母さんも安定期に入ってきますめ。胎盤が出来てきますので、流産の危険性も少なくなってくるのですが、腹部の膨らみが外見からも分かるようになってきますので、衣服もゆったりしたものを用意したほうが良いでしょう。

基礎体温が下がってきて、4ヶ月末のころには妊娠前の低体温に戻って出産するまでのは低体温が続くようです。注意としては、妊娠線・妊娠中毒になりやすいようですので気をつけましょう。つわりに関しては、だいたいの人は軽くなってくるのですが、胎児が大きくなることで、腸・膀胱が圧迫をされてしまい便秘・頻尿といった状態が続いてしまうでしょう。

他には、つわりが落ち着いたといった反動からか、食欲がましてしまったりもしますので体重管理には注意したほうがよいでしょう。

妊娠3ヶ月目での様子と注意は

妊娠3ヶ月目になってくると(8週〜11週)様子では、成長スピードはすごいものがあります。

そして妊娠8週目になってきますと、胎芽から胎児へと呼び名が変わっていきます。11週目になってからは、大きさも10p・体重も20gくらいとなって、だんだんと人間の形へとなっていくのです。それまではタツノオトシゴのような形でしっぽのようなものがあったものも無くなっていくのです。

皮膚が透明ですので、皮下にある血管・内臓が透けてみえて、下あごと頬も発達して歯の元となる歯根や声帯もでてくるのです。また胴体・足も成長をしてきておおよそ三頭身となって、毛髪・眉毛も生え始めてくるのもこの頃です。男女の見分けが出来るようになるのもこのあたりからですね。

超音波装置を使うと、羊水の中で動き回ったりする赤ちゃんの姿や心拍数・心臓の動きといったことも見えたりするでしょう。心拍数に関しては、大人の約倍ありまして、1分間で160くらいあるのです。お母さんの腹部の膨らみは、それほどはまだ目立ちませんが基礎体温につきましては高温期が続いています。注意してほしいのは、ここでの基礎体温が急激に下がった場合には流産の危険性があるようですので要注意です。

子宮がこぶし程に大きくなってくることで、膀胱・子宮を圧迫するので便秘、下痢。頻尿といった症状に悩むといった人が出てきたりします。また、蹂躙・乳首の色が更に濃くなってきたりもして、乳白色でネバネバしたおりものも多くなってきたりもします。

つわりに関しては、この時期妊娠3ヶ月が一番ピークといわれていて、あと1ヶ月ほどで落ち着いてくるようです。つわりがひどくてどうしても薬が飲みたいといった場合には、絶対に医師に相談をするようにして下さいね。妊娠中の薬には十分に注意が必要ですからね。

妊娠2ヶ月目の様子と注意を知ろう

妊娠2ヶ月目の様子(4週〜7週)はどんな感じでしょうか。妊娠かどうかということは外見だけでは分からないと思いますが、産婦人科に行ったりして、おめでたですと伝えられるのは大体がこの2ヶ月目ですね。基礎体温での高温期の期間が続いて、普段月経が順調である人が2週間くらい遅れていたりすると妊娠の可能性があるでしょう。胎盤はまだ出来てはいないのですが、胎盤を作るといった準備が始まってきます。

またこの妊娠2ヶ月目になりますと、超音波検査などで、赤ちゃんが入っている袋である胎嚢(たいのう)を確認することが出来ることでしょう。卵黄嚢からの栄養で赤ちゃんは成長をしていくのですが、その後は胎盤・臍帯から栄養を受取っていくのです、この時期での赤ちゃんの大きさがどのくらいかといいますと、1センチ〜2センチで、体重は1gくらい、心臓・目なども作られてきて心拍が確認されてくるようで、胎のうの中には胎芽が確認もされるようです。頭部や胴体の区別もついてきて、羊水の中に浮かんでくるようになりますね。

お母さんの身体の変化はどういった感じかといいますと、乳房が張ってきたりや乳首が敏感になってきたり、乳輪に関しては色素沈着して黒くなったり、体がだるいや熱っぽくなったりするようですし、個人差はあるようですが、お腹が少し張ってくる、眠くてしょうがなくなるといった症状もあるようですね。

知っておいて頂きたいのは、5週目〜8週目というのは流産の多い時期で、流産の95%以上が早期流産にあたって、この妊娠2ヶ月に相当するようなのです。それとここも重要ですが、妊娠2ヶ月目というのは、赤ちゃんの臓器・器官に神経といったものまで形成される時期でもありますので、この時期に妊娠に気づかないで飲酒・喫煙や風邪薬などを飲むといったことをしてしまうと、赤ちゃんに対して悪影響を及ぼしてしまったりしますので避けるようにして十分注意して下さい。

妊娠1ヶ月目の様子と注意を知っておこう

妊娠1ヶ月目での(0週〜3週)様子といいますと、本人が妊娠をしているといったことに気づいていないといったことも多いようです。それに受精をしてから1ヶ月目での前半では着床がしていないので、受胎もまだしていません。しかし基礎体温は排卵後に、上昇をしたまま高温期が20日以上続いたりしますので、いつもチェックをしているといった人は妊娠していることに気が付いたりするでしょう。また風邪に似たような症状がでたり、少数ではありますがつわりがでたりする人もいらっしゃるようです。
妊娠8週まででは胎児とは呼ばないで、胎芽(たいが)と呼ぶようです。1ヶ月頃での胎芽では、タツノオトシゴのような形で、大きさでいえば5ミリかた1センチくらいでして1グラム程度の重さとなるようですね。受精卵に関していえば、卵胞分裂を繰り返していき、卵管を通過をしていって子宮に向かっていくのです。7日から11日で、子宮内膜に着床をし、子宮内膜に着床した受精卵は絨毛といわれる、細い毛のような突起を張り巡らせながらしっかり着床をするのですが、この状態のことを妊娠と呼ぶのです。

受精卵の絨毛は、子宮内膜にどんどん拡大をして発育に必要であります栄養を母体から吸収するのです。絨毛は後では胎盤となって、母体と胎児を結ぶといった重要な役割があるのです。

脳、脊髄といった神経系、血液などの循環器系の原其はほぼ完成をして、心臓は2週目には形成が完了をして3週目から動きだすのです。また目・鼻の形ははっきりとはまだわからないのですが、口やあごの原其は見られるようですね。
注意をしてほしいことは、妊娠初期というのは、赤ちゃんの臓器が作られることになる大切な時期になりますので、くれぐれも慎重に生活をしていくようにして下さい。

妊娠しやすい時期っていつ?

赤ちゃんがほしい、妊娠したいと考えているかたもいらっしゃるでしょう。ではどういったときに妊娠がしやすいのかを考えてみましょう。妊娠がしやすいといった時期は、排卵日をはさんで前後5日間の時期となるでしょう。精子の寿命が48から72時間くらいで、卵子は約24時間が寿命とされていますので、このあいだで受精をしないといけないこととなります。妊娠が可能性としてある時期は、排卵日2日後までの5日間と考えられるでしょうが、中には5日間ほど生存している精子もあったり、卵子でも36時間生存していいるといったこともありますので今あげた以外での妊娠の可能性がゼロといったことではなく、あくまで妊娠のしやすい時期がどのくらいであるといった目安と考えてくださいね。ここでの5日間であるならよいのかというとそういうわけではないですしね。またこの中での一番妊娠する確立が高いであろう日を考えると排卵日となりますね。
赤ちゃんが自然妊娠でほしいとした場合に妊娠することのタイミングの目安として基礎体温表を使うことを考えるとよいでしょう。基礎体温を毎日記録していきそれを線で結んでいくとだんだんと低温層、高温層にとわかれていって、排卵がしていることに気づくと思います。人により、2層にはっきりとわかれていないような場合でも排卵をしているといったこともありますけれど、考えられることは、高温層を維持することに必要なホルモンが十分出ていないということが考えられますね。受精卵がきちんと着床するといったことには高温層を保持しなくてはなりませんのでそういったことを見ていくためや、排卵日を知るためにも基礎体温表を目安としてみてはどうでしょうか。
他に考えられるのは、おりものによって排卵のサインを知ったり、子宮頸管粘液によって妊娠をしやすいといった時期(排卵が近づいてくると、子宮頸管粘液に粘りが帯びてきたりします)も感じれますし、市販でも手に入る、排卵検査薬などで、妊娠をしやすい時期を知ったりすることもできるようです、この排卵検査薬では、排卵日の数日前といったことからわかるので、妊娠の計画をするときにも便利でしょう。赤ちゃんがほしいけどなかなか出来ないといった場合には、こういった妊娠しやすい時期もまず気にかけてみてはどうでしょうか。

妊娠中での食事と栄養については

妊娠中での食事はバランスよくとることが大事ですので、知っておくようにするとよいですね。まず赤ちゃんは発育することに必要になる栄養を胎盤を通すことで全て母体から摂ることとなりますので、妊娠中での栄養補給は胎児が正常に発育することそして母体の健康の維持のためにも重要となります。食事での食品は特定のものに偏ったりしないで、バランスよくとるように注意しましょう。また妊娠中ではとくに、規則正しい食生活を心がけてください。
栄養の中身をかんがえていきますと、貧血を起こしたりしないようにするために、鉄分やたんぱく質そしてカルシウムといったものもとり、妊娠高血圧症候群にならないためにも、塩分は控えめにしてうす味にするとともに、太りすぎにも注意してください。また便秘や下痢といったことにならないように、消化に良いものを摂るようにしてください。和食のご飯や野菜類、小魚や大豆などはお勧めですね。妊娠中での摂取を勧められるものの栄養素では、鉄分・亜鉛、葉酸といったものがあり、葉酸にかんしては、野菜をしっかりとるようにすれば大丈夫でしょうし、亜鉛や鉄分といったミネラルは、小魚・小松菜、納豆、玄米、ナッツ、雑穀といったものに多く含まれていたりします。こうやって見てみますと、主食に関して白米といったものより玄米にしたほうがミネラルも取れるので良いと考えていきなり変えてしまうことも考えがちですが、急に白米から玄米に代えてしまうと消化吸収がよくないですので、最初は玄米粥といったものから始めてみてはどうでしょうか?また食品や栄養ももちろん大事ですが、あれを絶対摂らなくてはいけないなどといったことで神経質になってしまったりしないで、楽しく食べるを心がけて、家族などと笑顔で食事を取ることが大事ではないでしょうか?赤ちゃんにとっともうれしいことだと思いませんか?
今まで栄養やバランスを考えたことがなかった人も、妊娠中を気に気にするようにするとご自分の体にとってもよいことだと思いますので気にするようにしましょうね。

妊娠中の注意を知ろう

妊娠初期に限らず、色々な注意することはあると思いますがどういったことに妊娠中に注意したらよいか考えてみましょう。まず、妊娠中での食生活ですが塩分を摂りすぎることは防ぐようにして1日で10g以下にするように気をつけましょう。これはどういったことが考えられるかというと、ムクミ、高血圧、タンパク尿などの原因になるからですね。またカロリーの摂りすぎにも十分注意しましょう、体重が増えすぎたりするのは妊娠中毒といったことや難産の原因が考えられますからね。どのくらいの体重増加が目安かといいますと、標準体重での人でしたら6sから8sくらいが理想の増加ではないでしょうか。妊娠中だけではなく、栄養をバランスよく摂ることは大事ですが1日30品目くらいの食品をとるのが目標とするといいですね。
妊娠中でのお酒は赤ちゃんの脳への発達へ影響することが考えられますので特に、妊娠初期での(4〜12週)では影響を受けやすいといったことを聞きますので禁酒することを心がけるようにしましょう。それとタバコは絶対に禁煙をしましょう。流産や早産、未熟児、周産期死亡などといったことの原因となりますのでやめて下さいね。コーヒーが好きなかたもいらしゃると思いますが、妊娠中に毎日飲むようなことはしないで、どうしても飲みたい場合などは薄くして下さい、低体重児といったことや動きが鈍いといったことがあるそうですので注意です。投薬・X線検査に関しても妊娠初期ではやめるように注意して、どうしても必要な場合には必ず先生に相談して下さい。
妊娠中での歯の治療が必要であったりするときには、妊娠中期で(16から27週)で行うようにするとよいとのことですのでこちらも先生に相談するようにしてください。虫歯に関しては、虫歯がないと赤ちゃんに対しての虫歯菌(ミュータンス菌)を移したりすり危険度が減少します。
日常生活での留意する点は、8時間くらいは少なくとも睡眠をとりようにして、散歩やマタニティ体操、スイミングといった軽い運動をしたり、体を清潔にしてバランスよい栄養をとるように心がけてください。長時間にわたってのたち仕事やしゃがむ姿勢や階段などの上り下りといったことも休憩をきちんととるようにして、重い荷物などをもったり腹部を圧迫してしまうことは避けるようにしてくださいね。出血しているなんてことがないように、注意しておきましょう。
妊娠中は普段と同じ行動がとれなくなってイライラしてしまうことがあるかもしれません、そういった精神的なストレスにたまることがないように、周りの人の協力のもと生活していくようにしましょう。

つわりの症状と対処方法って

妊娠したと実感することにつわりがあげられますが、このつわりが起きるのはどういった原因があるのでしょうか?色々な説があるようで、今でも確かなことは解明はされていないようですが、いくつか説をあげてみましょう。有力でもあるとされる説の中で、妊娠したことによって、ヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモンというものが影響しているといわれるもの、また胎児を異物であると判断をして排除しようとする働きによって影響される説、そして精神的要因によって、自律神経失調症からの影響すると言われているような説があるようですね。女性の身体は本当に神秘的ですね。
つわりに関しては、妊娠4週から16週くらいまで続く人が多いようで、吐き気や嘔吐などといった症状となることをいいます。ただこのつわりには個人差があって全員が吐き気や嘔吐をするわけでもなくて、楽な人もいらっしゃるようですし、つわりは病気ではないですので終わりもきます。
こういった時期につわりがひどく何も食べられないといった場合でも赤ちゃんは大丈夫なようですね。しかし空腹では気持ちが悪くなってしまいやすいですので、時間は問わないでもビスケットや果物といった抵抗の少ないような食べ物でも一口でも食べれるようにしましょう。妊娠12週以降で一般的につわりがだいぶ楽になるといわれています。また妊娠したときには臭いにたいして敏感になってしまうため、臭いがきついような料理であったり、臭いが漂ってくるような温かい料理は避けたほうが無難かもしれませんね。つわりは精神的作用の影響も大きいと言われてもいますので、精神的な不安要素を取り除くような環境で過ごしたりするといくらかでもの軽減があるとも言われているようです。つわりの時期を乗り切るのに、気分転換で少し外出をしたり、仲間や気の会う人とお話をしたり、実家でゆっくりのんびり過ごしたりとご自身でのんびりとくつろげるような環境で乗り切れるとよいですね。妊娠悪阻と呼ばれるようなつわりの症状が重かったり病的な状態になってしまったり、水分を取ったりしただけで嘔吐をしてしまうようなときには受診をきちんと受けましょう。妊娠初期症状では色々不安なこともあると思いますので、少しでも気になったら先生に相談もきてみましょうね。

妊娠と基礎体温の関係は

基礎体温をきちんと計っているかたもいらっしゃるかもしれませんが、基礎体温の仕組みを知っておきましょう。基礎体温は体の動きが、一番安静な状態のときの体温のことで、人は起きてから活動をしていくことによってエネルギーを使用していき体温も変化していきますので、朝起きてから活動を開始する前に、目を覚ましてすぐの状態で計ったときの体温が基礎体温となります。この基礎体温を測るときには、通常の体温計ではなくて専用である婦人体温計(基礎体温計)といったもので測りますが、一緒に基礎体温表と呼ばれる、体温の変化を記録していくための表を使用して記録していきましょう。これは二つとも薬局などで売られていますので確認してみましょう。
基礎体温表・婦人体温計を用意してから、毎朝起きてすぐの目を覚ましたところで基礎体温を測りましょう。注意点・順番をあげてみると、
1・朝目を覚まして、身体を動かしたりする前に安静な状態の時に測りましょう。
2・体温を測ったら、基礎体温表に記入をして前日に測って記入している点と結びましょう。
3・基礎体温曲線を正確に見るためにも毎朝決まった一定の時間に測るようにしましょう。
上記のようなことを気にして基礎体温を測っていくとよいですが、最近では、210日分くらいの基礎体温を自動で記録して、グラフまでの自動で作成をしてくれるような、コンピューターを内臓している基礎体温計もあるようです。基礎体温をつけていると排卵日もわかるようになってきますので、妊娠を希望するような人にもきちんと把握することはよいですね。低温期から高温期へと移行をするあたりで排卵が起きるのですが、そうしますと黄体ホルモンの分泌が増加して体温が上昇してもし受精をしていれは、妊娠12週くらいになるまで高温期が続くこととなります。妊娠初期の体が熱っぽく感じたりするのはこの現象が原因ですね。おおよそ2〜3日の前後でもっとも妊娠がしやすい時期とも言われていたりしますので、妊娠されたいかた赤ちゃんがほしいと思っているかたは気にされてもよいでしょう。また妊娠をしていないようであれば、約2週間くらいで生理が始まって、低温期に入っていきますね。お子さんを早くほしいと思っている場合には、ご自身の排卵日を知ることが大事ですので、基礎体温と基礎体温表を活用してみてくださいね。
妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ