妊娠と基礎体温の関係は

基礎体温をきちんと計っているかたもいらっしゃるかもしれませんが、基礎体温の仕組みを知っておきましょう。基礎体温は体の動きが、一番安静な状態のときの体温のことで、人は起きてから活動をしていくことによってエネルギーを使用していき体温も変化していきますので、朝起きてから活動を開始する前に、目を覚ましてすぐの状態で計ったときの体温が基礎体温となります。この基礎体温を測るときには、通常の体温計ではなくて専用である婦人体温計(基礎体温計)といったもので測りますが、一緒に基礎体温表と呼ばれる、体温の変化を記録していくための表を使用して記録していきましょう。これは二つとも薬局などで売られていますので確認してみましょう。
基礎体温表・婦人体温計を用意してから、毎朝起きてすぐの目を覚ましたところで基礎体温を測りましょう。注意点・順番をあげてみると、
1・朝目を覚まして、身体を動かしたりする前に安静な状態の時に測りましょう。
2・体温を測ったら、基礎体温表に記入をして前日に測って記入している点と結びましょう。
3・基礎体温曲線を正確に見るためにも毎朝決まった一定の時間に測るようにしましょう。
上記のようなことを気にして基礎体温を測っていくとよいですが、最近では、210日分くらいの基礎体温を自動で記録して、グラフまでの自動で作成をしてくれるような、コンピューターを内臓している基礎体温計もあるようです。基礎体温をつけていると排卵日もわかるようになってきますので、妊娠を希望するような人にもきちんと把握することはよいですね。低温期から高温期へと移行をするあたりで排卵が起きるのですが、そうしますと黄体ホルモンの分泌が増加して体温が上昇してもし受精をしていれは、妊娠12週くらいになるまで高温期が続くこととなります。妊娠初期の体が熱っぽく感じたりするのはこの現象が原因ですね。おおよそ2〜3日の前後でもっとも妊娠がしやすい時期とも言われていたりしますので、妊娠されたいかた赤ちゃんがほしいと思っているかたは気にされてもよいでしょう。また妊娠をしていないようであれば、約2週間くらいで生理が始まって、低温期に入っていきますね。お子さんを早くほしいと思っている場合には、ご自身の排卵日を知ることが大事ですので、基礎体温と基礎体温表を活用してみてくださいね。
妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ 妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ