つわりの症状と対処方法って

妊娠したと実感することにつわりがあげられますが、このつわりが起きるのはどういった原因があるのでしょうか?色々な説があるようで、今でも確かなことは解明はされていないようですが、いくつか説をあげてみましょう。有力でもあるとされる説の中で、妊娠したことによって、ヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモンというものが影響しているといわれるもの、また胎児を異物であると判断をして排除しようとする働きによって影響される説、そして精神的要因によって、自律神経失調症からの影響すると言われているような説があるようですね。女性の身体は本当に神秘的ですね。
つわりに関しては、妊娠4週から16週くらいまで続く人が多いようで、吐き気や嘔吐などといった症状となることをいいます。ただこのつわりには個人差があって全員が吐き気や嘔吐をするわけでもなくて、楽な人もいらっしゃるようですし、つわりは病気ではないですので終わりもきます。
こういった時期につわりがひどく何も食べられないといった場合でも赤ちゃんは大丈夫なようですね。しかし空腹では気持ちが悪くなってしまいやすいですので、時間は問わないでもビスケットや果物といった抵抗の少ないような食べ物でも一口でも食べれるようにしましょう。妊娠12週以降で一般的につわりがだいぶ楽になるといわれています。また妊娠したときには臭いにたいして敏感になってしまうため、臭いがきついような料理であったり、臭いが漂ってくるような温かい料理は避けたほうが無難かもしれませんね。つわりは精神的作用の影響も大きいと言われてもいますので、精神的な不安要素を取り除くような環境で過ごしたりするといくらかでもの軽減があるとも言われているようです。つわりの時期を乗り切るのに、気分転換で少し外出をしたり、仲間や気の会う人とお話をしたり、実家でゆっくりのんびり過ごしたりとご自身でのんびりとくつろげるような環境で乗り切れるとよいですね。妊娠悪阻と呼ばれるようなつわりの症状が重かったり病的な状態になってしまったり、水分を取ったりしただけで嘔吐をしてしまうようなときには受診をきちんと受けましょう。妊娠初期症状では色々不安なこともあると思いますので、少しでも気になったら先生に相談もきてみましょうね。
妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ 妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ