妊娠中の注意を知ろう

妊娠初期に限らず、色々な注意することはあると思いますがどういったことに妊娠中に注意したらよいか考えてみましょう。まず、妊娠中での食生活ですが塩分を摂りすぎることは防ぐようにして1日で10g以下にするように気をつけましょう。これはどういったことが考えられるかというと、ムクミ、高血圧、タンパク尿などの原因になるからですね。またカロリーの摂りすぎにも十分注意しましょう、体重が増えすぎたりするのは妊娠中毒といったことや難産の原因が考えられますからね。どのくらいの体重増加が目安かといいますと、標準体重での人でしたら6sから8sくらいが理想の増加ではないでしょうか。妊娠中だけではなく、栄養をバランスよく摂ることは大事ですが1日30品目くらいの食品をとるのが目標とするといいですね。
妊娠中でのお酒は赤ちゃんの脳への発達へ影響することが考えられますので特に、妊娠初期での(4〜12週)では影響を受けやすいといったことを聞きますので禁酒することを心がけるようにしましょう。それとタバコは絶対に禁煙をしましょう。流産や早産、未熟児、周産期死亡などといったことの原因となりますのでやめて下さいね。コーヒーが好きなかたもいらしゃると思いますが、妊娠中に毎日飲むようなことはしないで、どうしても飲みたい場合などは薄くして下さい、低体重児といったことや動きが鈍いといったことがあるそうですので注意です。投薬・X線検査に関しても妊娠初期ではやめるように注意して、どうしても必要な場合には必ず先生に相談して下さい。
妊娠中での歯の治療が必要であったりするときには、妊娠中期で(16から27週)で行うようにするとよいとのことですのでこちらも先生に相談するようにしてください。虫歯に関しては、虫歯がないと赤ちゃんに対しての虫歯菌(ミュータンス菌)を移したりすり危険度が減少します。
日常生活での留意する点は、8時間くらいは少なくとも睡眠をとりようにして、散歩やマタニティ体操、スイミングといった軽い運動をしたり、体を清潔にしてバランスよい栄養をとるように心がけてください。長時間にわたってのたち仕事やしゃがむ姿勢や階段などの上り下りといったことも休憩をきちんととるようにして、重い荷物などをもったり腹部を圧迫してしまうことは避けるようにしてくださいね。出血しているなんてことがないように、注意しておきましょう。
妊娠中は普段と同じ行動がとれなくなってイライラしてしまうことがあるかもしれません、そういった精神的なストレスにたまることがないように、周りの人の協力のもと生活していくようにしましょう。
妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ 妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ