妊娠しやすい時期っていつ?

赤ちゃんがほしい、妊娠したいと考えているかたもいらっしゃるでしょう。ではどういったときに妊娠がしやすいのかを考えてみましょう。妊娠がしやすいといった時期は、排卵日をはさんで前後5日間の時期となるでしょう。精子の寿命が48から72時間くらいで、卵子は約24時間が寿命とされていますので、このあいだで受精をしないといけないこととなります。妊娠が可能性としてある時期は、排卵日2日後までの5日間と考えられるでしょうが、中には5日間ほど生存している精子もあったり、卵子でも36時間生存していいるといったこともありますので今あげた以外での妊娠の可能性がゼロといったことではなく、あくまで妊娠のしやすい時期がどのくらいであるといった目安と考えてくださいね。ここでの5日間であるならよいのかというとそういうわけではないですしね。またこの中での一番妊娠する確立が高いであろう日を考えると排卵日となりますね。
赤ちゃんが自然妊娠でほしいとした場合に妊娠することのタイミングの目安として基礎体温表を使うことを考えるとよいでしょう。基礎体温を毎日記録していきそれを線で結んでいくとだんだんと低温層、高温層にとわかれていって、排卵がしていることに気づくと思います。人により、2層にはっきりとわかれていないような場合でも排卵をしているといったこともありますけれど、考えられることは、高温層を維持することに必要なホルモンが十分出ていないということが考えられますね。受精卵がきちんと着床するといったことには高温層を保持しなくてはなりませんのでそういったことを見ていくためや、排卵日を知るためにも基礎体温表を目安としてみてはどうでしょうか。
他に考えられるのは、おりものによって排卵のサインを知ったり、子宮頸管粘液によって妊娠をしやすいといった時期(排卵が近づいてくると、子宮頸管粘液に粘りが帯びてきたりします)も感じれますし、市販でも手に入る、排卵検査薬などで、妊娠をしやすい時期を知ったりすることもできるようです、この排卵検査薬では、排卵日の数日前といったことからわかるので、妊娠の計画をするときにも便利でしょう。赤ちゃんがほしいけどなかなか出来ないといった場合には、こういった妊娠しやすい時期もまず気にかけてみてはどうでしょうか。
妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ 妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ