妊娠1ヶ月目の様子と注意を知っておこう

妊娠1ヶ月目での(0週〜3週)様子といいますと、本人が妊娠をしているといったことに気づいていないといったことも多いようです。それに受精をしてから1ヶ月目での前半では着床がしていないので、受胎もまだしていません。しかし基礎体温は排卵後に、上昇をしたまま高温期が20日以上続いたりしますので、いつもチェックをしているといった人は妊娠していることに気が付いたりするでしょう。また風邪に似たような症状がでたり、少数ではありますがつわりがでたりする人もいらっしゃるようです。
妊娠8週まででは胎児とは呼ばないで、胎芽(たいが)と呼ぶようです。1ヶ月頃での胎芽では、タツノオトシゴのような形で、大きさでいえば5ミリかた1センチくらいでして1グラム程度の重さとなるようですね。受精卵に関していえば、卵胞分裂を繰り返していき、卵管を通過をしていって子宮に向かっていくのです。7日から11日で、子宮内膜に着床をし、子宮内膜に着床した受精卵は絨毛といわれる、細い毛のような突起を張り巡らせながらしっかり着床をするのですが、この状態のことを妊娠と呼ぶのです。

受精卵の絨毛は、子宮内膜にどんどん拡大をして発育に必要であります栄養を母体から吸収するのです。絨毛は後では胎盤となって、母体と胎児を結ぶといった重要な役割があるのです。

脳、脊髄といった神経系、血液などの循環器系の原其はほぼ完成をして、心臓は2週目には形成が完了をして3週目から動きだすのです。また目・鼻の形ははっきりとはまだわからないのですが、口やあごの原其は見られるようですね。
注意をしてほしいことは、妊娠初期というのは、赤ちゃんの臓器が作られることになる大切な時期になりますので、くれぐれも慎重に生活をしていくようにして下さい。
妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ 妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ