妊娠2ヶ月目の様子と注意を知ろう

妊娠2ヶ月目の様子(4週〜7週)はどんな感じでしょうか。妊娠かどうかということは外見だけでは分からないと思いますが、産婦人科に行ったりして、おめでたですと伝えられるのは大体がこの2ヶ月目ですね。基礎体温での高温期の期間が続いて、普段月経が順調である人が2週間くらい遅れていたりすると妊娠の可能性があるでしょう。胎盤はまだ出来てはいないのですが、胎盤を作るといった準備が始まってきます。

またこの妊娠2ヶ月目になりますと、超音波検査などで、赤ちゃんが入っている袋である胎嚢(たいのう)を確認することが出来ることでしょう。卵黄嚢からの栄養で赤ちゃんは成長をしていくのですが、その後は胎盤・臍帯から栄養を受取っていくのです、この時期での赤ちゃんの大きさがどのくらいかといいますと、1センチ〜2センチで、体重は1gくらい、心臓・目なども作られてきて心拍が確認されてくるようで、胎のうの中には胎芽が確認もされるようです。頭部や胴体の区別もついてきて、羊水の中に浮かんでくるようになりますね。

お母さんの身体の変化はどういった感じかといいますと、乳房が張ってきたりや乳首が敏感になってきたり、乳輪に関しては色素沈着して黒くなったり、体がだるいや熱っぽくなったりするようですし、個人差はあるようですが、お腹が少し張ってくる、眠くてしょうがなくなるといった症状もあるようですね。

知っておいて頂きたいのは、5週目〜8週目というのは流産の多い時期で、流産の95%以上が早期流産にあたって、この妊娠2ヶ月に相当するようなのです。それとここも重要ですが、妊娠2ヶ月目というのは、赤ちゃんの臓器・器官に神経といったものまで形成される時期でもありますので、この時期に妊娠に気づかないで飲酒・喫煙や風邪薬などを飲むといったことをしてしまうと、赤ちゃんに対して悪影響を及ぼしてしまったりしますので避けるようにして十分注意して下さい。
妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ 妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ