妊娠3ヶ月目での様子と注意は

妊娠3ヶ月目になってくると(8週〜11週)様子では、成長スピードはすごいものがあります。

そして妊娠8週目になってきますと、胎芽から胎児へと呼び名が変わっていきます。11週目になってからは、大きさも10p・体重も20gくらいとなって、だんだんと人間の形へとなっていくのです。それまではタツノオトシゴのような形でしっぽのようなものがあったものも無くなっていくのです。

皮膚が透明ですので、皮下にある血管・内臓が透けてみえて、下あごと頬も発達して歯の元となる歯根や声帯もでてくるのです。また胴体・足も成長をしてきておおよそ三頭身となって、毛髪・眉毛も生え始めてくるのもこの頃です。男女の見分けが出来るようになるのもこのあたりからですね。

超音波装置を使うと、羊水の中で動き回ったりする赤ちゃんの姿や心拍数・心臓の動きといったことも見えたりするでしょう。心拍数に関しては、大人の約倍ありまして、1分間で160くらいあるのです。お母さんの腹部の膨らみは、それほどはまだ目立ちませんが基礎体温につきましては高温期が続いています。注意してほしいのは、ここでの基礎体温が急激に下がった場合には流産の危険性があるようですので要注意です。

子宮がこぶし程に大きくなってくることで、膀胱・子宮を圧迫するので便秘、下痢。頻尿といった症状に悩むといった人が出てきたりします。また、蹂躙・乳首の色が更に濃くなってきたりもして、乳白色でネバネバしたおりものも多くなってきたりもします。

つわりに関しては、この時期妊娠3ヶ月が一番ピークといわれていて、あと1ヶ月ほどで落ち着いてくるようです。つわりがひどくてどうしても薬が飲みたいといった場合には、絶対に医師に相談をするようにして下さいね。妊娠中の薬には十分に注意が必要ですからね。

妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ 妊娠初期症状や兆候・注意を知ろうHOMEへ